ASPworksⅡ オフコンがWindowsに!? コマンドがわからなくても大丈夫!!

FDG-Quick

FDG-Quickは、ファイル定義体を作成・編集するツールです。
新規作成はもちろん既存のファイル定義体の修正や、COBOL登録集からファイル定義体を作成することも可能です。

FDG-Quick

概要

  • Windowsツールである特長を生かし、わかりやすいGUIで操作ができます。
  • 物理ファイル・単純論理ファイル・順編成ファイルのファイル定義体が対象となります。
  • COBOL登録集やプログラムソースのレコード定義からファイル定義体が作成できます。
  • 既存のファイル定義体が編集できます。
  • RDBファイル及び順編成ファイルについては、本ツールでファイルが作成できます。

画面イメージ

基本画面
    FDG-Quick
編集画面の特長
    FDG-Quick
  • 型による色分け
  • 階層表示によるレベルの解かりやすさ
  • 集団項目と再定義項目の違い
  • 全ての操作をメニューから選択

活用例

物理ファイルのファイル定義体作成
  • 物理ファイルのファイル定義体をFDG-Quickで作成します。

動作環境

ASP ASP V26 以降
Windows Windows 7
Windows 8.1
Windows 10

必須ソフトウェア

ASP COBOL G
COBOLシステムサブルーチン
Symfoware6000
RDA-SV/TCP
リソースコンバータ
Windows Microsoft .NET Framework 3.5 ServicePack1

定価

  • オンプレ価格(税抜)  \600,000
  • クラウド年額(税抜)  \195,600
  • クラウド月額(税抜)   \16,300